サルの被害対策について[香川県 03/26 11:32] 観音寺市 観音寺ホッとメール

≪観音寺ホッとメール≫

市民の皆さまへ

 ここ数日、住宅地で目撃されているサルですが、単独で行動する離れザルと呼ばれるもので、勝手口の外に置いているサツマイモやみかんの食害が発生しています。
 サルの活動はおもに日中で、その活動の多くは食べることに費やされ、夜は眠ります。果実が大好物ですが、植物質を中心に、コケやキノコ、昆虫やカニ、小鳥の卵なども食べる「雑食性」です。エサを求めて行動圏を巡回しており、被害のレベルが上がると民家に侵入して仏壇の供え物や生ゴミまで食害するようになり、最悪の場合は人を襲うケースにまで発展してしまうこともあります。
 市街地に現れたサルは、そこにエサとなる物がなければ自然と山に帰って行きますが、容易に手に入れられる食べ物があれば居着いてしまいますので、屋外にエサとなるようなものを置かないよう、ご協力をお願いします。
 3月26日(木)午前10時現在の目撃情報は、観音寺市室本町の阪大微研付近です。

サルを目撃したら、目撃した場所を農林水産課(23-3931)へ通報して下さい。

【配信カテゴリ】
・くらしの情報-市からのお知らせ
・防犯情報

配信カテゴリ登録、変更及び削除は、こちら
entry@city.kanonji.lg.jp

※空メールを送信すれば、変更や解除できるメールが返送されます。

スポンサーリンク