災害の記憶 1月17日[愛知県 01/17 12:00] 大治町メールサービス

大治町 【防災情報】

1995年1月17日 阪神・淡路大震災
淡路島沖を震源とする最大震度7の地震により、火災や、家屋の倒壊・家具の転倒による被害が多数発生しました。
当時、全国からボランティアが駆けつけたことから、「防災とボランティアの日」に制定されました。

●家屋の耐震補強や家具の転倒防止対策をとり、自分の身は自分で守ってください。

●生活する地域は生活する皆さんで協力して守ってください。防災意識が高い地域では、平成30年7月豪雨で効果的な避難が行われました。

●地域を守るために活動する自主防災組織に携わりませんか。若い世代や女性など幅広い力を必要としています。問合せ先:役場防災危機管理課

●災害ボランティアの参加や支援の要望は、役場ではなく、被災後に立ち上がるボランティアセンターが取りまとめます。災害ボランティアについて知識を深めましょう。

======================================
メールの配信条件の変更・解除はこちらから
大治町メール配信サービス
 https://mail.cous.jp/oharu/
======================================


スポンサーリンク